子供のためにしっかり教育に力を入れよう

妊娠中、妊娠前からでも、多くの親御さんは生まれてくる赤ちゃんの将来のことを、あれこれと希望や不安をお持ちの方も多いですね。

天才に育てるベース作りのための赤ちゃん教育法

子供のためにしっかり教育に力を入れよう 妊娠中、妊娠前からでも、多くの親御さんは生まれてくる赤ちゃんの将来のことを、あれこれと希望や不安をお持ちの方も多いですね。子供には輝かしい未来を歩んでもらいたいと、親心から赤ちゃんの時期からベストな教育環境を作ろうと、試行錯誤されるのは当然のことです。当たり前ですが、生まれて間もない赤ちゃんは言葉を話すことが出来なく、周りで話されている言葉の意味を、理解することも出来ないです。でも、赤ちゃんは自分に向けて話される言葉をちゃんと聞いています。そのため、おむつ替えの時などの行為をする際には頻繁には、話しかけることが重要となります。生後3ヶ月辺りからは絵本の読み聞かせがお勧めです。読み聞かせや話しかけをすることで、生後半年頃から人の話に耳を傾ける注意力が育ってきます。聞く力というのは、学習能力に深く関わる能力となってます。

授業の話を注意深く聞いて理解する、他者の話から情報を抽出し自身の知識にすることが出来るかどうかは、聞いて、理解し、記憶する行為が習慣づけられているかに掛かってます。赤ちゃんは外界からの刺激によって脳を発達させますので、出来る限り五感全てを活性化させる必要があるということです。生まれたばかりの赤ちゃんの能力を発達させるためには、親御さんとのコミュニケーションが欠かせないです。沢山触れ合い、沢山話しかけて読み聞かせをし、沢山の感覚を与えることこそが、天才へのベースづくりとなります。