子供のためにしっかり教育に力を入れよう

子供に不安感を与えてしまう教育とは、子供の負担になる、親の見栄を押し付けてしまうことです。

子供に不安感を与えてしまう間違った教育

子供のためにしっかり教育に力を入れよう 子供に不安感を与えてしまう教育とは、子供の負担になる、親の見栄を押し付けてしまうことです。一流の高校や大学は勿論のこと、将来は大物になって自分たちのことを何とかしてくれると信じてます。ご近所への手前や親の出来なかった夢を実現してくれる良い子供として、親の自尊心を大いに満足させてくれますが、その行動が子供は先々を不安に感じられてしまいます。子供の希望に沿ってアドバイスや援助を申し出て、頑張っていきなさいという声掛けをして、自主独立を促すことが重要なポイントとなります。叱る時に暴力に訴えて、子供の心を傷つけてしまうことです。子供は叱ることよりも褒めることが大切だと言われてます。

欠点をなくすことよりも長所を伸ばすことだとも言われてます。叱る時は、決して暴力に訴えないことが大切ということです。暴力を行使すると子供に不信感を抱かせて、その心を傷つけてしまいます。叱る時は具体的に短く叱り、何が悪いのかを指摘して、その経過や心情を聴きくということです。それから、本人の具体的な対処の仕方や、どうすれば良かったのかなどの考え方を分かるように教えてきます。子供に教え、しつけることは忍耐が必要です。物覚えが悪い場合は、特にゆっくりと反芻して子供が覚える早さに合わせることが重要となります。